スロット牙狼~守りし者~の一撃出玉性能について書いていこうと思います。

 

5.5号機の評価は厳しいものが多いですが、スロット牙狼~守りし者~の市場での出玉性能の評価はどうなんでしょうか?

 

高い評価や低い評価をまとめ、スロット牙狼~守りし者~の一撃出玉性能を紹介していこうと思います。

それではご覧ください。

 

スロット牙狼~守りし者~ Twitter上の一撃出玉性能評価

まずはスロット牙狼~守りし者~のツイッターでの評価をまとめてみます。


ここまでは万枚達成などの一撃出玉性能を体感できた人の評価を並べてみました!

 

導入から日にちがそれほど経っていないのに一撃万枚という報告がかなり多いんですよね。

 

初当たりから10時間くらいかかって万枚達成しているようなので一撃出玉性能を体感するにはある程度の時間は必要みたいです。

 


今度は批判のツイートを集めてみました。

4万使ってART入らないとかやっぱりキツイ体験をした人の評価は厳しいですね。

 

すでに客飛びという言葉が気になりますが、全体的には稼働は高いようです。

 

一撃出玉性能を高く設定した分、ARTまでのハードルが高くなっているのが批判的な意見が多い原因だと思います。

 

スロット牙狼~守りし者~ ネット上の一撃出玉性能評価

2ちゃんねるなどの投稿サイトでの評価をまとめてみました。

 

 

一撃出玉性能に対する高評価

  • 高いARTレベルだと一度牙狼魂を貯めてしまえば、終わる気がしない
  • とにかく一撃性能が高い
  • ARTにさえ突入させられれば何とかなるし、夢がある

 

一撃出玉性能に対する低評価

  • ボーナス⇒ボーナス⇒ボーナスで3万使ってもARTにすら入らない
  • CZ前兆やCZ中が長すぎて単発後に前兆っぽかったら追加投資になる
  • 導入初日に10台中3台がマイナス5000枚とかありえない

 

 

やっぱり一撃の出玉性能を体感できた人は高評価、ARTに入らなかったり、単発食らった人は低評価と分かりやすいと思います。

 

一撃性能を追求するとどうしてもARTの初当たり確率が低くなってしまうので、結果として負ける人が増える傾向がありますね。

 

またホールデータを見る限り、高設定でもなかなか収支が安定しないようで設定6でもマイナスということが往々にしてあるようです。

ホールでの扱いも難しいようで『設定1でも事故れば出るし』というベタピンホールも多くなってしまいそうなのが心配です。

 

スロット牙狼~守りし者~は北斗の拳修羅のシステムを改良している感じなのですが、北斗の拳修羅やスロット牙狼~守りし者~、メタルギアソリッドなどARTの一撃出玉性能を追求した機種が最近多いんですよね。

2017年3月導入予定の獣王やアナザーゴッドポセイドンなども純増枚数こそ、押さえてますが一撃性能はかなり高いようなので、5.9号機になる前になるべく投入しておこうという考えなんでしょうかね?

 

2017年秋からの5.9号機になれば、出玉制限も投入されるようなので一撃出玉性能は必然的に下がります。

現状の一撃性能についていけないという人は5.9号機まで待つほか無いですね・・・

 

 

ただ個人的には負けた腹いせを新基準にしているようにしか思えないんですよね。

マジカルハロウィン5などのマイルドスペックの機種が出ても結局すぐにバラエティ行きになっていることを考えるとユーザーの多くは出玉性能を求めてると思うんです。

 

確かに夕方仕事終わりで万枚達成の出来ない出玉増加スピードに不満があるなら分かるんですが、『5.5号機だから。』というのは理由にはならないんじゃないかなと考えます。

 

スポンサードリンク

今なら高設定が確定です!

KACHIDOKI


高設定が確定している台を打ちたくないですか?


オンラインパチスロで、今なら200$入金で設定5、6確定の台が打てるんですよ♪
マジで勝利がほぼ確定台してる台を打てるんで超オススメですよ。



私も試しに打ってみましたが、○○万円勝って勝ち逃げです(笑)

この機会にあなたもお小遣い稼ぎしちゃいませんか???


KACHIDOKI

パチスロで勝てない人は必見です!
パチスロで勝つのはそれほど難しいことではありません。
確かに5.5号機以降勝ちにくくなったのは事実です。


4号機時代から毎月30万円以上、合計3000万円以上稼いできたノウハウを完全無料で教えちゃいます♪

しかもメルマガ登録するだけで有料級と言われた『無料レポート』をプレゼント中。


メルマガ解除もカンタンに可能なので勝てていない人はまずは登録しちゃいましょう!
yjimage

コメントをどうぞ

CAPTCHA


ページの先頭へ