funkyjuggler-main

ノーマルタイプのファンキージャグラーなのでスランプグラフから設定6を狙っていくことも十分可能だと思います。

ファンキジャグラーの設定6狙いについて紹介していこうと思います。

それではご覧ください。

 

ファンキージャグラーの設定6投入状況

設定6の機械割が109%とジャグラーシリーズの中でも機械割が高いので狙うならやはり設定6ですよね?

換金率や地域差はありますが設定6の投入率は残念ながら非常に低いようです。

 

設定6の機械割が近いマイジャグラー3などではホール特定日などでなければ良くても設定4、5というホールが多いそうです。

ジャグラーシリーズに力を入れているホールでは中間設定多めに入れる傾向があります。

非等価のホールでは高設定を多数入れることもあるようですが設定6を1台入れるなら設定4と設定5を1台ずつ入れたいというのが実情でしょう。

設定6の機械割が高いがゆえにどうしても設定6を入れにくくなるようです。

 

ただ良い点としてはホールが台の購入費用を機種単位で回収することが多い中でジャグラーシリーズはシリーズ全体で回収する傾向があるということです。

例えばバジリスク絆を10台購入したらバジリスク絆で10台分の購入費用を回収する設定配分となるホールが多いです。

しかしながらファンキージャグラーを5台購入したら、それ以前から設置されているジャグラーシリーズ5台とファンキージャグラーの計10台で回収することがあるということです。

また人気シリーズで長期に渡る稼働が見込めるため、一気に費用を回収する必要が無いことから還元率は高めというのも高材料です。

 

ジャグラーで稼ぎたい人必見!!!

本物の自信があるから返金保証有りなんです。

s-1000-400
ジャグラーマスター

 

ファンキージャグラーの朝一設定6狙い

細かいホールの設定の入れ方のクセなどについては書ききれない部分があります。

設定6を実際に使っているホールであれば小役カウンターを使っている人が多いはずですね。

 

高設定の判別にはブドウ確率をきちんと把握した方が良いですよ♪

⇒ファンキージャグラー設定差(ブドウ・チェリー)

 

小役カウンターを使っている人が多いホールであれば設定6が投入されている可能性は非常に高いので自分でもカウントすることで設定6をみすみす逃してしまう危険性は低くなりますね。

 

 

ファンキージャグラーの朝一からの設定6狙い

ジャグラーシリーズでは朝一のガックン判別が可能です!

ガックン判別とは設定変更後の1G目にリールが少しブレてから動き出す現象を指します。

設定変更した場合に内部的なリールの状況がリセットされるため、これを補正するために一瞬ブレるような挙動をするそうです。

ただし全くリールガックンしない機種もあるので技術的に起きてしまうというより設定変更判別要素として残しているのだと私は考えています。

イベント規制などが厳しくなってからホールとしても設定入れてますよの合図として使っているところも実際見たことありますし。

 

注意したいのはファンキージャグラーではガックン判別がやや難しいという点です。

過去のシリーズと比べるとやや難しいのでこちらの動画で確認してみてくださいね。

慣れてくると結構分かるので設定変更判別要素としてきちんと判別できるようにしておきたいですね。

ただ1G目にブレるという特性から設定変更後に1Gだけ回してリールガックンしないホールもあるので注意しましょう。

 

また設定1から設定1に打ち直した場合でもガックンしてしまう点にも注意が必要です!

低設定から高設定、高設定から低設定と設定を変える時だけにガックンするホールだと前日凹み台はチャンスになりますね!

 

 

ファンキージャグラーの昼以降の設定6狙い

昼以降で一定以上の稼働があれば履歴から設定6狙いも十分可能です!

設定6を使っていることが前提ですが客レベルの低いホールでは結構設定6を捨ててあることがありますね。

ジャグラーシリーズ高設定台の特徴であるREG確率の高さが原因なのかREGが連発するとイヤになってしまう人が多いんですよね。

逆に客レベルの高いホールではREG先行台はなかなか空かないのでホール選びも重要です。

 

目安としては3000G回っていてBIG12回、REG11回なら打ってOKのラインになります。

重要なのはREG確率とボーナス合算確率ですね。

私の場合は設定5以下であれば打ちたくないので特にREG確率は重要視しています。

REG確率が設定6を超えていて尚且つボーナス合算確率が設定6を超えているというのが最低ラインです。

 

私なら3000GでBIG13回、REG10回なら打ちませんね。

設定6と設定1しか使っていないと確信があるならもちろん打ちますけど(笑)

 

この条件をクリアしている台でブドウ確率をきちんとフォローしつつ設定判別を行っていくと負ける可能性がぐっと低くなりますよ。

ブドウの確率はこちらをチェック↓

⇒ファンキージャグラー設定差(ブドウ・チェリー)

 

 

ファンキージャグラーの設定6スランプグラフは?

具体的なグラフ画像が取れていないのですが設定6でもファンキージャグラーが荒れやすいのが特徴です。

理由として考えられるのが他のジャグラーシリーズと比べてBIGに偏りがちというのが挙げられます。

 

他のジャグラーシリーズでは設定6だとBIGとREGの比率が5:5になるのですがファンキージャグラーでは6:4くらいになることが多いですね。

これはBIG確率がREG確率より高いのでしょうがないのですが・・・

BIGが先行しやすい仕様なのでどうしても荒れやすくなってしまいます。

 

ただ機械割の高さもあってか終日勝負した場合の勝率は8割を超えるようなので長時間勝負では荒れにくいと言えるようです。

小役狙いをきちんとすれば恐らく111%くらいまで機械割が上がると予想されるので安定感は非常に高いと思います。

それだけ設定6では勝てるので投入率が低いというのは頭に入れておきたい情報ですね!

 

基本的な打ち方やコインロスの無い完全獲得手順はこちらから↓

⇒ファンキージャグラー打ち方

 

 

スポンサードリンク

今なら高設定が確定です!

KACHIDOKI


高設定が確定している台を打ちたくないですか?


オンラインパチスロで、今なら200$入金で設定5、6確定の台が打てるんですよ♪
マジで勝利がほぼ確定台してる台を打てるんで超オススメですよ。



私も試しに打ってみましたが、○○万円勝って勝ち逃げです(笑)

この機会にあなたもお小遣い稼ぎしちゃいませんか???


KACHIDOKI

パチスロで勝てない人は必見です!
パチスロで勝つのはそれほど難しいことではありません。
確かに5.5号機以降勝ちにくくなったのは事実です。


4号機時代から毎月30万円以上、合計3000万円以上稼いできたノウハウを完全無料で教えちゃいます♪

しかもメルマガ登録するだけで有料級と言われた『無料レポート』をプレゼント中。


メルマガ解除もカンタンに可能なので勝てていない人はまずは登録しちゃいましょう!
yjimage

コメントをどうぞ

ページの先頭へ