basilisk-kizuna

(C)山田風太郎・せがわまさき・講談社/GONZO (C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT

 

BC当選時のLEDランプの色でAT当選期待度が分かりますよ!

またAT中のLEDランプの色は継続率示唆?

バジリスク絆のLEDランプの色について紹介していきます。

ちなみにLEDランプは台枠上部にある『バジリスクタイム』の外側ですよ♪

 

無料アプリでバジリスク絆が遊べる!

android版はこちら↓

iOS版はこちら↓

 

画像をタップでバジリスク絆の記事一覧へ飛べますよ↓

s_5202046654654

 

通常時BC入賞時のLED色選択率

 色 当選率 非当選(設定1~3) 非当選(設定4~6)
25.6% 37.3% 36.5%
24.0% 31.3% 31.3%
25.6% 25.0% 25.0%
21.1% 6.2% 6.2%
3.7% 0.2% 1.0%
0.03%

AT当選時は設定差が無いのですがAT非当選時に設定差があるので注目です!

特に赤は設定1~3と設定4~6で5倍もの開きがあります。

設定1~3なら1/500、設定4~6なら1/100なので赤でAT非当選だった場合は高設定の可能性大ですね。

これだけで判断するのは危険なので他の判断材料と合わせて確認してみてください。

 

設定看破情報についてはこちらをクリックしてください↓

⇒バジリスク絆 設定判別(演出・子役確率・同色BC)

 

 

AT中BC入賞時のLED色選択率

 色 25%継続 33%継続 50%継続 66%継続 80%継続
41.2% 40.6% 33.7% 32.5% 27.3%
31.3% 31.3% 31.3% 31.3% 28.3%
20.0% 20.0% 25.0% 25.0% 25.0%
5.0% 5.0% 5.0% 6.2% 10.0%
2.5% 3.1% 5.0% 5.0% 7.8%
1.6%

注目なのは虹色ですね、80%継続が確定します!

緑以上が頻発するなら80%継続示唆になりますね。

 

また赤出現で50%継続以上の可能性が高まります。

ただ33%継続と比較するとそれほど大きな差とは言えないので過度な期待は禁物でしょう。

継続率示唆はこれ以外にも確定演出などがありますのでこちらもチェックしてみてくださいね。

 

AT開始画面での継続率示唆に関する記事はこちら↓

⇒バジリスク絆 カットイン(弦之助、朧、天膳、豹馬)まとめ

天膳BCでの残りベル告知による継続率・設定判別の詳しい情報はこちら↓

⇒バジリスク絆 天膳BC残りベルで継続率・設定判別

バジリスク絆 BC入賞時AT中のLED色振り分け(虹・赤・・・)まとめ

BC入賞時のLEDランプの色は通常時に設定差があるので注目です!

なおAT中は継続率を示唆しているので間違わないように注意したいですね。

 

通常時のBC当選で虹色なら設定6確定です!

 

赤色は設定差が大きいので発生した場合は高設定の可能性が高くなります。

特に通常時は設定1~3と設定4~6で5倍もの開きがあります。

 

 

AT中のBC当選時のLEDランプの色は継続率示唆となっていて確定パターンがあるのは虹色だけとなります。

虹色は80%継続確定です。

白<青<黄<緑<赤<虹

の順で期待度は上がりますが虹以外はすべての継続率で選択されるので判断は難しいところです。

高継続率ほど良い色が選ばれやすくなっていますが参考程度という感じになると思います。

 

無料アプリでバジリスク絆が遊べる!

android版はこちら↓

iOS版はこちら↓

 

画像をタップでバジリスク絆の記事一覧へ飛べますよ↓

s_5202046654654

スポンサードリンク

今なら高設定が確定です!

KACHIDOKI


高設定が確定している台を打ちたくないですか?


オンラインパチスロで、今なら200$入金で設定5、6確定の台が打てるんですよ♪
マジで勝利がほぼ確定台してる台を打てるんで超オススメですよ。



私も試しに打ってみましたが、○○万円勝って勝ち逃げです(笑)

この機会にあなたもお小遣い稼ぎしちゃいませんか???


KACHIDOKI

パチスロで勝てない人は必見です!
パチスロで勝つのはそれほど難しいことではありません。
確かに5.5号機以降勝ちにくくなったのは事実です。


4号機時代から毎月30万円以上、合計3000万円以上稼いできたノウハウを完全無料で教えちゃいます♪

しかもメルマガ登録するだけで有料級と言われた『無料レポート』をプレゼント中。


メルマガ解除もカンタンに可能なので勝てていない人はまずは登録しちゃいましょう!
yjimage

コメントをどうぞ

ページの先頭へ