北斗の拳~新伝説創造~のやめどきについて考察していきます。

 

歴代の北斗の拳ではボーナス終了後のモード移行率に大きな設定差が設けられていました。

今作の北斗の拳~新伝説創造~でもどうやらこれを引き継いでいそうです。

 

ではいつもが一番最低なやめどきとなるんでしょうか?

それでは北斗の拳~新伝説創造~やめどき考察をご覧ください。

 

北斗の拳~新伝説創造~ ART終了後のモード移行率

北斗の拳~新伝説創造~の考察をしていく上で真っ先にやめどき候補となるのはART終了後です。

ここで指すARTとは『宿命の刻』、『激闘乱舞』の2つになります。

 

ART終了後のモード移行率は現時点では判明していません。

ですが設定6では約3回に1回は高確らしき挙動が攻略誌の実戦データから報告されています。

 

ちなみに過去シリーズの終了後のモード移行率はこちら↓

北斗の拳強敵 AT終了後のモード移行率

設定 低確 通常 高確 前兆
設定1 37.1% 50.0% 12.5% 0.4%
設定2 35.2% 14.1% 0.8%
設定3 33.2% 15.6% 1.2%
設定4 26.9% 21.9%
設定5 20.7% 28.1%
設定6 13.7% 35.2%

北斗の拳修羅 ART終了後のモード移行率

設定 低確 通常 高確
設定1 56.25% 31.25% 12.50%
設定2 53.75% 31.25% 15.00%
設定3 42.50% 37.50% 20.00%
設定4 37.50% 37.50% 25.00%
設定5 25.00% 43.75% 31.25%
設定6 18.75% 43.75% 37.50%

 

あくまで過去のシリーズとなるので参考値になってしまいますが設定1なら高確が12.5%と同じになっています。

逆に設定6では35.2%、37.5%と約3回に1回は高確スタートとする振り分けになっています。

 

攻略誌のデータからすでに設定6では約3回に1回は高確スタートしたとの報告があるので、これと似たモード移行率になっているだろうと予想できますね。

 

 

高設定挙動を示している台であれば高確滞在では無いと思われるところがやめどきとなります。

 

一方、天井狙い、低設定挙動でヤメを考えている場合はART終了後即ヤメがベストと言えるでしょう。

 

 

設定6でも高確は3回に1回と考えると即ヤメもありでは・・・なんてことも考えられますがやはり高設定挙動であるなら台を離れるのは高確確認をしてからの方が精神衛生上良いと思います。

 

北斗の拳~新伝説創造~ 300Gゾーン狙い後はやめどき?

北斗の拳~新伝説創造~では夜発動抽選というゾーンが存在します。

夜滞在中に宿命の刻に当選した場合は激闘乱舞突入確定ということで恩恵は強力だと思います。

 

なおゲーム数による夜発動確率は以下の通りです。

ゲーム数 発動率
100G 0.4%
300G 33.6%
500G 0.4%
660G 99.6%

※全設定共通

 

夜発動に当選すると共通ベルとハズレの15.6%で継続ゲーム数抽選され、夜発動となり即発動しません。

ゲーム数 振り分け
20G 40.0%
30G 40.0%
40G 10.0%
50G 10.0%

 

660Gはすぐに天井を迎えるのでやめることは無いと思います。

となると300Gの33.6%での当選確認後はやめどきとなるんでしょうか?

 

 

ホールで280Gヤメなどの台が落ちていたとしたら300Gで夜移行を狙ってヤメるというのはアリだと思います。

ですがART終了後から300Gまで回すのはやめどきとしてはダメだと考えます!

 

まず、夜に移行してくれて、かつARTに当選させるというハードルが高いコト。

そして50枚あたり約40Gとコイン持ちは良いですが実際に回すとなると約8000円ものコインを使う必要があるコト。

 

これらを考えると対費用効果としてはあまりに効率が悪いように思います!

 

 

北斗の拳~新伝説創造~では最大前兆が16Gと短くなっているんですが、それでも北斗カウンターが点灯してしまうとヤメれなくなってしまいます。

歴代シリーズでそうやってズルズルと打たされてしまって、やめどきを逃してしまった経験ってありますよね?

 

 

300Gから夜移行を確認していると300Gを大きく超えてしまう可能性があります。

そうなると710Gの天井が見えてきてしまい、やめれなくなることもあるはずです。

 

 

そういったことから300G夜移行狙いまで打つのはやめどきとしては向いていないと結論付けます。

※ゾーン狙いとして狙う場合は夜移行確認後がやめどきとなります。

 

北斗の拳~新伝説創造~ やめどき考察まとめ

北斗の拳~新伝説創造~のやめどきは基本的にART終了後(宿命の刻、激闘乱舞)即ヤメがベストです!

例外としては高設定を打っている場合は高確移行の可能性が高めなので高確確認後がやめどきです。

 

それ以外の狙い目となりそうなのは300Gの夜発動抽選後のやめどきです。

ART終了後にやめなかった場合はここがやめどきとなりそうですが、当サイトでは投資が多くなるため、300Gのゾーン狙いまで打つのは推奨しません。

ただしゾーン狙いとして打った場合は夜への移行確認後がやめどきとなります。
 

 

 

スポンサードリンク

今なら高設定が確定です!

KACHIDOKI


高設定が確定している台を打ちたくないですか?


オンラインパチスロで、今なら200$入金で設定5、6確定の台が打てるんですよ♪
マジで勝利がほぼ確定台してる台を打てるんで超オススメですよ。



私も試しに打ってみましたが、○○万円勝って勝ち逃げです(笑)

この機会にあなたもお小遣い稼ぎしちゃいませんか???


KACHIDOKI

パチスロで勝てない人は必見です!
パチスロで勝つのはそれほど難しいことではありません。
確かに5.5号機以降勝ちにくくなったのは事実です。


4号機時代から毎月30万円以上、合計3000万円以上稼いできたノウハウを完全無料で教えちゃいます♪

しかもメルマガ登録するだけで有料級と言われた『無料レポート』をプレゼント中。


メルマガ解除もカンタンに可能なので勝てていない人はまずは登録しちゃいましょう!
yjimage

コメントをどうぞ

ページの先頭へ